*

「映画」 一覧

内田監督の緻密な脚本で笑う/映画『鍵泥棒のメソッド』

2012/09/06 | 映画

映画『鍵泥棒のメソッド』を鑑賞。今回も内田けんじ監督の緻密な脚本に脱帽。前半、記憶喪失の殺し屋の香川と、売れない役者の堺の入れ替わりドタバタ劇で笑い。後半は、記憶が戻った香川と、不思議ちゃん編集長の広...

続きを見る

懐かしい王道テイスト復活/映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

2012/09/01 | 映画

映画『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』を鑑賞。前回懐古主義でダメダメだったが、今回は良い。前半は軽快な笑いを誘い、後半は正義をめぐる熱いバトル。王道の踊るテイスト。エンディングロールの...

続きを見る

障害者介護の重いテーマも明るく笑いで吹き飛ばす/映画「最強のふたり」

2012/09/01 | 映画 ,

仏映画『最強のふたり』を鑑賞。障害者の介護のテーマでなく、友情物語である。失業手当て目当てで働くつもりがなかった黒人の主人公がとにかく魅力的。障害者でなく人間として付き合い、馬鹿な冗談も優しく感じる。...

続きを見る

圧巻のノーラン版バットマン最終章/映画「ダークナイト ライジング」

映画『ダークナイト ライジング』を鑑賞。ノーラン監督の最終章がラストを飾る圧倒的な出来。人間の心の闇を体現する最強の悪の前に、街は崩壊。迫力の映像にのけぞり、恐怖を操る心理描写に心が折れる。バットマン...

続きを見る

直球の家族愛、人間ドラマだった/映画「おおかみこどもの雨と雪」

2012/07/24 | 映画 ,

映画『おおかみこどもの雨と雪』を鑑賞。普遍的な人間ドラマだった。前半は、おおかみ男と恋に落ち子供を育てる母親メイン。シングルマザーとして大変だが明るく乗り切る。後半は一転シリアス。狼と人間で揺れる子ど...

続きを見る

恋愛からアクションと王道エンタメ/映画『アメイジング・スパイダーマン』

映画『アメイジング・スパイダーマン』を鑑賞。派手なアクションで3D効果も意味もあり、青春ラブや家族の愛と人間ドラマもきっちり描かれ、いろんな角度から安心して観れる。最後に続編への布石も打ち、謎の秘密に...

続きを見る

不屈の魂にただ涙!実話の感動/映画『ソウル・サーファー』

2012/07/01 | 映画

映画『ソウル・サーファー』を鑑賞。プロサーファーを夢見る少女が、サメで片腕を失うも、不屈の闘志で復活する感動作。映像の美しさも良いが、主役の子が素晴らしい。実話ベースだけに泣ける。エンディングで実在の...

続きを見る

緊張感ある渡部篤郎の怪しさは満点/映画『外事警察 その男に騙されるな』

2012/07/01 | 映画

映画『外事警察 その男に騙されるな』を鑑賞。ドラマに続き映画も裏切らない。この怪しい公安は、渡部篤郎しか考えられない程ハマり役。博士役の田中泯も迫力満点。オノマチはドラマと変化なく物足りないが、真木よ...

続きを見る

オシャレなパリの映像が美しい/映画『ミッドナイト・イン・パリ』

2012/07/01 | 映画

映画『ミッドナイト・イン・パリ』を鑑賞。お洒落で良質なラブコメ。パリに憧れる小説家を目指す主人公が、夜な夜な1920年にタイムスリップ。ヘミングウェイなど有名芸術家と交流。夢の共演に笑える。彼らの作品...

続きを見る

無駄に豪華なインドB級にウケまくり/映画『ロボット』

2012/07/01 | 映画

映画『ロボット』を鑑賞。ここまでB級を追求するのは逆に立派。インドダンスをSFで?と疑問だったが、ミュージックビデオのようで斬新。ストーリはともかくも、突っ込みどころ満載の最後の変幻自在のロボットのあ...

続きを見る

伊坂×中村第4弾!常連濱田でハートフルな出来/映画『ポテチ』

映画『ポテチ』を鑑賞。井坂×中村監督第4段。常連の濱田岳を主演に、木村文乃や、大森南朋が共演。一時間ちょっと時間は短いが、ハートフルストーリーで良い。伏線はやや少ない点は物足りないが、この調子ならどん...

続きを見る

役所、樹木らの熱演光る!母の愛に涙/映画『わが母の記』

映画『わが母の記』を鑑賞。役所広司、樹木希林、宮崎あおいらの熱演光る。母に捨てられたとわだかまりを持ち続ける役所が、ボケていく母の樹木から母の愛を知る。それを確信する最後は泣ける。伊豆など美しい風景シ...

続きを見る

クールな主役が魅力だが語らなすぎて謎残る/映画「ドライヴ」

2012/04/02 | 映画

映画『ドライヴ』を鑑賞。途中から恋愛ネタでどうなると思ったが、後半のバイオレンス展開で目が覚めた。シーンは残虐だが、悲しさ漂う美しい映像と音楽のノワール風。主人公がなぜ強いか、孤独なのかを明らかにした...

続きを見る

骨太ミステリーで見応え十分/映画『ドラゴン・タトゥーの女』

2012/03/26 | 映画

映画『ドラゴン・タトゥーの女』を鑑賞。複雑なミステリーだが、グイグイ引き込まれる。事件は金田一的な一族の人間達が絡んできる。グレイグより、身体を張った演技で難役をそなしたマーラーが凄い。3部作なのに1...

続きを見る

肉体派ホームズはアナザーワールド/映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』

映画『シャーロック・ホームズ シャドウゲーム』を観賞。推理ものでなく、スローモーション効果乱れ飛びのアクション。ストーリはともかく、ジョニデ並に、天才な変人もファニーなキャラを確立したダウニー・Jrと...

続きを見る

mi-main_large
見どころ満載アクションに興奮/映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』を鑑賞。飛行機ぶ...

jurajw_sub1new_large
お約束パニックも進化した映像で納得/映画『ジュラシック・ワールド』

映画『ジュラシック・ワールド』を鑑賞。進化した映像で恐竜の動きは素晴ら...

hero
いかにもな王道パターンに懐かしさ/映画『HERO』

映画『HERO』を鑑賞。良く言えば「HERO」らしい、悪く言えば予定調...

bake_large
ロスジブリを埋める夏のエンタメ大作/映画『バケモノの子』

映画『バケモノの子』を鑑賞。子供から大人まで楽しめる夏の大作を作る細田...

t_000_large
懐かし場面多いも、ストーリー大幅変更/映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』を鑑賞。前作のシーンを織り交...

→もっと見る

  • @foo104

    @foo104

    オイルショック生まれの団塊ジュニア世代。パプアから始まり海外は20カ国以上の一人旅バックパッカースタイル。趣味は映画と写真とダイエット。  エンタメベンチャー企業からスタートし、倒産や買収のスペクタルな企業ドラマを経験。直近はTVショッピング番組のプロデュースやスポーツ新聞社でモバイル・WEBの編集でプロレス・ボクシングを担当してました。現在、WordPressでギャラリーサイトなど多数サイトを作って運営中。 I am a Japanese who likes a solitary journey. Hobbies are seeing a movie and taking a photograph and diet.

    プロフィールを表示 →

PAGE TOP ↑