「ブラよろ」2次使用権フリーで1億円超!電子書籍のフリーミアムに可能性あり | Digital×Social Lab

*

「ブラよろ」2次使用権フリーで1億円超!電子書籍のフリーミアムに可能性あり

 

著作権フリー時代到来か?

itmmediaのニュース。

「ブラよろ」2次利用フリー効果、佐藤秀峰さんの電子書籍売り上げ1億円超え
漫画家の佐藤秀峰さんは、昨年9月に「ブラックジャックによろしく」を2次利用フリー化してから4カ月半で、自身の作品の電子書籍関連売り上げが1億円を超えたことを明らかにした。 佐藤さんは9つのサイトやアプリで「新ブラックジャックによろしく」をはじめとした作品の電子書籍を販売している。「ブラックジャックによろしく」の無料配信で獲得した読者が有料電子書籍を購入していると推定している。 電子書籍販売からのロイヤリティ収入は、4カ月半で約2688万円だったという。「それまでは電子書籍関連の収入が毎月100万円をなかなか超えられなかった」ので、かなりの効果があったことになる。 ブラックジャックによろしくの2次利用は、報告があったものだけで180件。廉価版書籍として出版されたもののほか、全巻を読めるサイトやアプリは約60あり、医療系転職サイトでイラストなどとして利用されたものなどもある。(itmmediaより)

 佐藤氏のつぶやき。

https://twitter.com/shuhosato/status/305172887051067392

 近年、「フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略」(NHK出版)や「なんでコンテンツにカネを払うのさ? デジタル時代のぼくらの著作権入門 」( 阪急コミュニケーションズ)などを購入して、フリーミアムビジネスモデルうやコンテンツ著作権をウオッチしてきた筆者にとって、このニュースはストラークゾーン、なぜこんなことが出来たんだろうか?興味深いテーマである。

kurisunande

そもそも2次使用フリーは常識外

ウキペディアにも著作権は財産権であると書かれています。

(wikipedia) 著作権は著作者に対して付与される財産権の一種であり、著作者に対して、著作権の対象である著作物を排他的に利用する権利を認めるものである。例えば、小説の作者は、その小説を排他的に出版、映画化、翻訳する権利を有しており、他人が著作者の許諾なしに無断で出版、映画化、翻訳した場合には、著作権を侵害することになる。
(Weblio辞書)二次的著作物の利用権=ある著作物(原著作物)を、翻訳したり、編曲したり、映画化したり、表現形式を変更したりする等して創作された著作物を二次的著作物と呼びます(第2条第1項第11号)

著作者を守る権利であるため2次使用も許可なくコピーなどされたら、著作権を侵害されたとして訴えるものである。 例えば、音楽業界であれば・・・ 「CDがコピーされたから本来売れるはずのCDの売り上げが減った。くやしー、訴えてやる(上島風)」となる。 だから、今回の佐藤氏が2次使用権をあらゆる人に認めるということは、得られる財産を放棄したようなものだから、そもそもありえない行為でありサプライズなのです。

二次利用完全フリーとは、商用・非商用の区別なく、作品を複製し公衆送信し、また、どのような翻案や二次利用(外国語版、パロディ、アニメ化、音声化、小説化、映画化、商品化など)も認めることを指します。 原画データを使用して、日本国内に限らず世界各国で書籍を発行しても構いません。 アプリ化してデータを販売することも、アニメ化、映画化、テレビドラマ化を行ない商業作品として上映することも、関連グッズを制作して販売することも、同人で二次創作を行なうことも、あらゆる作品の二次利用をどなたにでも認めます。 そして、作品の二次的著作物について、僕と有限会社佐藤漫画製作所は原著作物の著作権を行使しません。 ご利用に際して、事前にご連絡は必要ありません。 ロイヤリティ他、報酬は一切要求いたしません。 ご自由に作品をお使いいただければ嬉しいです。(佐藤氏公式HP)

新しい利益モデルの実験が狙い

 「(佐藤氏)従来の著作権を振りかざして利益を得る方法は段々と古くなっていくはずです」として、自作を2次利用フリーとすることで「どのように作品が拡散し、利用され、著者に利益をもたらすのか、もたらさないのか、その調査をしたいと思っています」(itmmediaより引用) ・「ブラックジャックによろしく」が2次利用フリーに 商用・非商用問わず自由に利用可能

 今回の佐藤氏のチャレンジは、フリーコピーな時代において、権利をひたすら守ることは逆に機会損失を生んでいるという問題意識があったのではないか?ということ。

この実験はKARAと同じフリーミアム?

これで思い出したのは、ジャンルは違うが、K-POPガールズグループのKARA。彼女らは 投稿されたプロモーションビデオ(PV)を著作権侵害だと「YouTube」を敵対視していた時に、逆にPVを「YouTube」に積極的に流し、認知度をアップさせコンサートでファンを誘引させた。PVを無料にしてコンサートで回収するというフリーミアムモデルを成功例である。 kara00 これと同じく、佐藤氏も2次使用フリーによって、プロモーション効果が高まり、結果、本来の電子書籍の売り上げがあがったと推測される。さらに、KARAのコンサートのグッズ販売と同じく、佐藤氏の開いた原画展で原画が想定外に売れる波及効果をもたらした。

[oEmbedTweet 305592965152243712]

 上記の佐藤氏の公式サイトでは、ロイアルティ合計2千6百万円を超えているようだ。すごいことになっていることが確認できる。

著作権2次フリーは、ソーシャル時代で武器になる

 今回は180件ほどの2次使用と、全巻を読めるサイトやアプリは約60ほど作られたというから、佐藤氏自らは人もお金も時間などコストをかけないで、多数のプロモーションを実行できた。著作権2次フリーという話題性もあり、ソーシャルパワーで拡大していった。権利をこだわっていたらこういった動きは出ないで不可能だっただろう。

新たな読者層を獲得も

「ブラよろ」2次利用フリーで「すごいことになった」 100万人超の読者獲得、「紙のコミックスに匹敵」
「新規で作品に触れてくださった方はどう少なく見積もっても100万人超えは確実(佐藤氏)」

通常多額のプロモーションコストが必要な新規の顧客まで獲得したようだ。 2次使用権利をテコに、コスト費用使わないで最大限のプロモーション効果を高めることが出来、さらに新規顧客までゲットし、本来商品の電子書籍だけでなく、関連の物販売上もシナジー効果でアップし、全体の売上につなげたのである。

【2次使用権フリー】
プロモーションコスト↓
プロモーション効果↑
新規顧客↑
電子書籍売上↑
電子書籍関連ビジネス↑

漫画界の危機感ゆえのチャレンジ

新作漫画を2次利用フリーでネット連載 佐藤秀峰さんが「ブロマガ」で

「漫画ってもうダメじゃないですか。雑誌は売れないし単行本も売れないし、原稿料は値下がりするし、次はどこの出版社が倒産するらしいとかそんな話ばかりです。普通に考えると漫画は間もなく終了です。なので、ブロマガで漫画を連載できないかなぁって思いまして。」

 佐藤氏は今後も、様々な実験をするという。それは自分だけでなく、今の漫画界への危機感あるという。漫画雑誌が廃刊になったり、原稿料が安くなったり、クリエイターが生活することも難しくなりつつあるようだ。だから今回は、自らがあえて実験台となって、漫画家などが稼げるシステムを模索するためにあった。

まとめ

 今回の例は、2次使用権フリーという逆転の発想で、今後の電子書籍のマネタイズの可能性を広げたのではないだろうか。今回は2次使用フリーで、利用した人も、著作権者も、実際に購入した人も損した人はいない。まさに「Win-Win」な成功のビジネスモデルであった。
米国は既に売上げの4割が電子書籍とシェアが急拡大しているのに、日本ではまだ売上げの2%〜5%というお寒い現状である。専用端末の普及や、フォーマットの違いなど様々な要因がありますが、市場を拡大させるには、今回のように従来型の発想ではない試みももっと必要になる。
他の漫画家や作家などが同じようにしても果たして同じ結果になるとは思えませんが、この方式で追従する方が現れ、成功事例が増えてくれば、漫画家や作家らが電子書籍のマーケットにどんどん参入し、 活性化され、購読者も増えるスパイラルが生まれる可能性がある。

関連記事

三鷹市商店街

三鷹駅南口で無料Wi-Fi開始!さっそく試してみました

 さあ、無料Wi-Fi巡り第二弾は吉祥寺駅のお隣の三鷹駅。(筆者は練馬...

記事を読む

kichi

吉祥寺の無料Wi-Fi実験にトライ!スタバ以外に選択肢増える

 吉祥寺定番のサンロード商店街を散策中、気になるチラシを発見。「平和通...

記事を読む

naxos01

図書館で音楽クラウド体験!クラシック聞き放題レンタル

東京都武蔵野市の武蔵野中央図書館や吉祥寺図書館で7月から音楽配信サービ...

記事を読む

ekiSh【モバイル鉄道スタンプラリー】

フォースクエア型の駅スタンプラリー発見

Twitterをなにげなく見ていたら、「駅スタンプゲット」なるツイート...

記事を読む

新着記事

mi-main_large

見どころ満載アクションに興奮/映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』を鑑賞。飛行機ぶ...

記事を読む

jurajw_sub1new_large

お約束パニックも進化した映像で納得/映画『ジュラシック・ワールド』

映画『ジュラシック・ワールド』を鑑賞。進化した映像で恐竜の動きは素晴ら...

記事を読む

hero

いかにもな王道パターンに懐かしさ/映画『HERO』

映画『HERO』を鑑賞。良く言えば「HERO」らしい、悪く言えば予定調...

記事を読む

bake_large

ロスジブリを埋める夏のエンタメ大作/映画『バケモノの子』

映画『バケモノの子』を鑑賞。子供から大人まで楽しめる夏の大作を作る細田...

記事を読む

t_000_large

懐かし場面多いも、ストーリー大幅変更/映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』を鑑賞。前作のシーンを織り交...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます

mi-main_large
見どころ満載アクションに興奮/映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』

映画『ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション』を鑑賞。飛行機ぶ...

jurajw_sub1new_large
お約束パニックも進化した映像で納得/映画『ジュラシック・ワールド』

映画『ジュラシック・ワールド』を鑑賞。進化した映像で恐竜の動きは素晴ら...

hero
いかにもな王道パターンに懐かしさ/映画『HERO』

映画『HERO』を鑑賞。良く言えば「HERO」らしい、悪く言えば予定調...

bake_large
ロスジブリを埋める夏のエンタメ大作/映画『バケモノの子』

映画『バケモノの子』を鑑賞。子供から大人まで楽しめる夏の大作を作る細田...

t_000_large
懐かし場面多いも、ストーリー大幅変更/映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』

映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』を鑑賞。前作のシーンを織り交...

→もっと見る

PAGE TOP ↑